ここから本文です

【株鬼流】株初心者でも手堅く勝てる! 鉄板の株価チャートの見極め方を伝授

11/17(日) 21:10配信

LIMO

株投資の初心者が最も悩むのは、何といっても「どの銘柄を買うか」だと思います。これから上昇しそうな銘柄を見つけて買い、上がったところで売り抜く。言葉にすると簡単ですが、そううまくはいかないものです。

「N」形のチャート図を見る

ですが、「チャートの動きを見極めれば、高い確率で上昇するであろう銘柄を見抜ける」というのは、人気の相場師であり、『資産を100倍にする「株鬼流」仕掛けの全技術』(かんき出版)などの著書を持つ株鬼氏です。

株鬼氏が長い経験の中で編み出した「投資の技術」は、“株鬼流”と呼ばれ、多くの人々に支持されています。そんな株鬼流の“チャートの見方の基本”を特別に教えていただきました。初心者にも大きなヒントになるはずです。

利益を出すためにチャート分析は不可欠

株投資をしたことがある人ならご存知の通り、株投資で利益を上げるために欠かせないのが「株価チャート」です。

特に、1日や数日単位で売買を繰り返すトレーダーにとって、売買のタイミングを見極めるには、この株価の動きのグラフである株価チャートを分析する“テクニカル分析”が非常に大切になります。このチャートの動きがわからなければ、株では勝てません。

そこで「このチャート分析が苦手」「よくわからない」という人のために、基本のキから解説しましょう。まず、株価チャートは、いくつもの「ローソク足」で形成されています。四角い箱と上下についた棒という形がローソクのような形に見えることからこの名がついています。

チャートには、「分足」(数分単位)、「日足」(1日単位)、「週足」(1週間単位)、「月足」(1カ月単位)などがありますが、どれも同じようにローソク足で構成されています。

四角い箱は、「始値(はじめね)」(日足なら取引が始まった9時の価格)と「終値(おわりね)」(日足なら取引が終わる15時の価格)との差を示したもの。

始値よりも終値が上の場合は白い箱(陽線)、始値よりも終値が下の場合は黒い箱(陰線)で表示するのが一般的です。1日のうちに株価が上がったのか下がったのかが色によって分かりやすいからです。そして、箱の上下についた“ヒゲ”は、その日の高値と安値を表しています。

株鬼流では、高値(比較的高い値段)をつけており、かつ「これからさらに上昇する可能性が極めて高い」(相場が強い)と確信を持った銘柄を買います。その上昇の兆しを、チャートの動きから読むことができるわけです。

1/3ページ

最終更新:11/17(日) 21:55
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事