ここから本文です

トヨタ新型「C-HR」何が変わった? デザインと走りでSUV王者へ復活なるか

11/17(日) 7:30配信

くるまのニュース

C-HRは、マイナーチェンジで何が変わった?

 トヨタのコンパクトSUV「C-HR」は、2019年10月18日にマイナーチェンジをおこないました。今回は、マイナーチェンジ前後で変わった点を紹介していきます。デザイン面の印象が変わった以外にどのような部分が進化したのでしょうか。

さらに個性的になった? 人気SUV「C-HR」の変わった部分を画像でチェック!(27枚)

 C-HRは、2016年12月に登場し、従来のSUVとは違い、走行性能を重視して開発されました。外観のデザインは個性的で、一部ユーザーからは「ガンダムみたい」ともいわれています。

 今回のマイナーチェンジでは、外観デザインにも手を加えています。フロント部分では、エアインテークを左右に広げ、ワイドスタンスを強調するとともに、フロントフォグランプをエアインテーク上部に配置。

 上位グレードに装着されるヘッドランプは、上部に長く伸びるLEDクリアランスランプをデイライトとターンランプのダブルファンクションとし、リアコンビネーションランプには右左折時に内側から外側へ流れるように点灯する「シーケンシャルターンランプ」を採用しています。

 ボディカラーは、新設定の「エモーショナルレッドII」「オレンジメタリック」など8色を含む全16色を設定しています(モノトーン8色、ツートーン8色)。内装は、新たにオーキッドブランを設定しました。
 
 パワートレインは、これまでと同様に1.8リッターハイブリッドと1.2リッターガソリンターボを設定していますが、1.2リッターガソリンターボのトランスミッションは、従来のCVTに加え、6速MT(iMT)が追加されました。

 安心・安全装備も充実し、プリクラッシュセーフティやレーンデパーチャーアラートなどを含む「Toyota Safety Sense」を全車標準装備。

 さらに、インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]やリヤクロストラフィックオートブレーキ(パーキングサポートブレーキ[後方接近車両])、パノラミックビューモニターなどの安全機能をオプション設定可能とました。

 また、新型「カローラシリーズ」や新型「ヤリス」同様に、ディスプレイオーディオと車載通信機(DCM)を全車標準装備。コネクティッドカーとしてさまざまなサービスが受けられるようになります。

 今回のマイナーチェンジについて、C-HRの担当者は次のように話します。

「C-HRはデビュー当時からデザインと走行性能にこだわっています。今回は、そのこだわりをさらに進化させるべく、外観デザインに手を加えたほか、走りの醍醐味でもあるMT仕様を追加しました。

 また、さらなる走りを期待されるお客さまのために、GAZOORacingがモータスポーツ活動を通じて得たノウハウを生かした『GRスポーツ』を新設定しております」

1/2ページ

最終更新:11/17(日) 10:48
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事