ここから本文です

琉球ゴールデンキングスが10勝到達、今季最小失点で滋賀レイクスターズに快勝

2019/11/17(日) 16:04配信

バスケットボールキング

 11月17日、各地でB1リーグ第9節が行われ、第1戦で勝利した琉球ゴールデンキングスが滋賀レイクスターズとの第2戦へ臨んだ。

 第1クォーター開始1分6秒に石崎巧がレイアップで得点すると、新加入のユージーン・フェルプス、デモン・ブルックスや岸本隆一も続き、開始5分18秒時点で15-3と大きくリードを奪い、この10分間で26得点を積み上げた。第2クォーターでも小野寺祥太や岸本隆一の3ポイントシュートで加点し、47-16で試合を折り返した。

 31点の大量リードで迎えた後半は、奪ったリードを守りぬき、最終スコア81ー45で試合終了。琉球が今季最小失点で、滋賀に連勝した。

■試合結果
琉球ゴールデンキングス 81-45 滋賀レイクスターズ(@沖縄市体育館)
琉球|26|21|16|18|=81
滋賀|7|9|16|13|=45

BASKETBALL KING

最終更新:2019/11/17(日) 16:07
バスケットボールキング

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事