ここから本文です

侍J、1点リードで必勝パターンにつなぐ 高橋礼、田口、中川が好救援!

11/17(日) 21:32配信

ベースボールキング

◆ 甲斐野、山本、山崎の方程式投入へ!

 野球日本代表「侍ジャパン」は17日、『第2回 WBSC プレミア12』の決勝戦(東京ドーム)で韓国代表と対戦。序盤は点の取り合いだったが、中盤以降は両国の投手陣が踏ん張り1点差で終盤に入った。

 侍ジャパンは先発・山口(巨人)が1回3失点で降板するも、2回に1番・山田哲(ヤクルト)の3ランで逆転。2回から登板した2番手・高橋礼(ソフトバンク)は、3回までの2イニングを1安打無失点に抑え試合を落ち着かせた。

 4回から3番手として登板した田口(巨人)も、要所を締め2回2安打無失点の好リリーフ。6回を託された4番手の中川(巨人)は、二死から二塁・菊池涼(広島)の失策で出塁を許したが、次打者を抑えバックのミスをカバーした。

 侍ジャパンは1点リードの7回に甲斐野(ソフトバンク)を投入し、右腕は3者凡退の完璧救援。8回以降の登板が予想される山本(オリックス)、山崎(DeNA)にしっかりとバトンをつないだ。

BASEBALL KING

最終更新:11/17(日) 21:43
ベースボールキング

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事