ここから本文です

元スコットランド代表DFのドミニク・マッテオ氏が脳腫瘍の手術! かつてリバプールやリーズで活躍

11/17(日) 15:30配信

超WORLDサッカー!

リバプールは16日、クラブOBである元スコットランド代表DFのドミニク・マッテオ氏(45)が今月11日に脳腫瘍の手術を受けていたことを明かした。

なお、同氏はすでに集中治療室を出ており、一般病棟での療養を続けているという。

リバプールはクラブ公式サイトを通じて、“ドム”の愛称で知られるマッテオ氏の一日でも早い回復を祈っている。

「クラブに関わる全員の想いはドム、その家族、友人と共にあります。この困難な時期を過ごす彼らに対してできるだけのサポートを提供したいと思っています」

「ドムのできるだけ早い快復を願うと共に、彼の奥さんと家族に我々ができ得る最大のサポートを提供します」

イタリア人を先祖に持ちスコットランドのダンフリーズで生まれ育ったマッテオ氏は、リバプールの下部組織から1993年にプレミアリーグデビューを飾った屈強なセンターバック。リバプールでは1996-97シーズンから4シーズンに渡って主力を務め、公式戦155試合に出場。

その後、リーズ・ユナイテッドやブラックバーン・ローヴァーズを経て2009年にストーク・シティで現役を引退した。また、スコットランド代表としても通算6キャップを刻んでいた。

現役引退後は古巣リバプールの公式チャンネル『LFCTV』のレギュラー解説者としても活躍している。

超WORLDサッカー!

最終更新:11/17(日) 15:30
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事