ここから本文です

ブルガリア代表主将ポポフが代表引退…先日イングランド戦では人種差別制止に称賛

11/17(日) 18:00配信

超WORLDサッカー!

ブルガリア代表でキャプテンを務めるロストフMFイベリン・ポポフ(32)が17日に行われるユーロ2020予選のチェコ代表戦を最後に、代表キャリアを終えることを発表した。セルビア『Mozzart Sport』が伝えている。

自身にとって代表通算83試合目となるチェコ戦に向けてポポフは同試合がブルガリア代表のユニフォームを着ての最後のゲームになることを明かした。

「先月のイングランド代表戦後に、代表でのキャリアを終えることを考えていたよ。だけど、それは予選が終了するまで遅らせることにしたんだ。明日の試合では自分こそブルガリア代表の最大のファンさ」

2007年9月に行われたオランダ代表戦でブルガリア代表デビューを飾ったポポフは、卓越した攻撃センスとテクニック、リーダーシップを武器に12年に渡って代表チームの主力として活躍。ここまで通算82試合に出場し14ゴールを記録している。

また、先月行われたユーロ2020予選のイングランド代表戦ではモンキーチャントやナチス式敬礼など、醜い人種差別行為を働いた自国サポーターに対して、ハーフタイム中にたった1人で一枚のフェンスを挟んで対峙し、愚行を制止する勇敢な姿が世界中のフットボールファンから称賛を浴びていた。

なお、ユーロ2020予選グループAで最下位のブルガリアは、2位で本選出場を決めているチェコ相手に今予選初勝利を目指す。

超WORLDサッカー!

最終更新:11/17(日) 18:00
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事