ここから本文です

ホンダF1が2019年2度目のポール。ブラジルではセナとの1991年以来「最高の予選結果を優勝につなげたい」と田辺TD

11/17(日) 8:11配信

オートスポーツweb

 2019年F1ブラジルGPの土曜予選で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがポールポジションを獲得、アレクサンダー・アルボンは6番手だった。トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトは16番手、ピエール・ガスリーは7番手という結果だった。

2019年F1第20戦ブラジルGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)がポールポジションを獲得、喜びの表情を見せる

 ホンダにとって2019年2度目のポールポジションであり、ブラジルGPでのポールは1991年にアイルトン・セナ(マクラーレン・ホンダ)が獲得して以来28年ぶりの快挙となった。

 今回の予選ではホンダのパワーユニット(PU/エンジン)を搭載する4台中3台がQ3に進出。フェラーリのシャルル・ルクレールのグリッド降格により、3台はグリッドのトップ6からスタートする予定だ。

■ホンダF1テクニカルディレクター 田辺豊治
 今日はすばらしい予選結果になりました。アストンマーティン・レッドブル・レーシングのフェルスタッペン選手が終始速さを見せ、今季2度目のポールポジションを獲得してくれました。

 チームメイトのアルボン選手も初めての走行となったこの難しいサーキットで、十分にコンペティティブなタイムを出してくれたと思います。

 また、レッドブル・トロロッソ・ホンダのガスリー選手は4戦連続のQ3進出を果たし、アルボン選手に次ぐ7番手につけました。
 クビアト選手は小さなミスのために非常に僅差でのQ1落ちとなりましたが、ロングランペースは悪くないので、明日のレースでは巻き返しを見せてくれると思います。

 明日は71周と長いレースになります。今日の予選で得たポジションを確実にレース結果に結びつけられるよう、万全の準備をして臨みたいと思います。

[オートスポーツweb ]

最終更新:11/17(日) 8:13
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事