ここから本文です

【プレミア12】侍Jはベストメンバー、韓国は“主力温存”… 決勝前哨戦にあった日韓双方の思惑は

11/17(日) 9:38配信

Full-Count

2日間試合のなかった侍ジャパン、決勝まで3連戦となる韓国の違い

■日本 10-8 韓国(プレミア12・16日・東京ドーム)

 野球日本代表「侍ジャパン」は16日、東京ドームで「第2回 WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送)スーパーラウンド最終戦の韓国戦に10-8で勝ち、スーパーラウンド首位での決勝進出を決めた。3回に一気に6点を奪うなど、打線が14安打10得点と爆発。韓国の猛追に遭いながらも、何とか競り勝ち、17日に行われる決勝の“前哨戦”を白星で飾った。

【動画】鈴木→外崎→甲斐と完璧な中継プレー! 侍ジャパンが失点を阻止した“美技”の一部始終を公開したWBSC公式ツイッターの実際の投稿

 日本と韓国。どちらも17日の決勝進出を決めた状態で行われた、このスーパーラウンド最終戦。本当に大事な試合はもちろん決勝で、この日は言うならば“消化試合”だった。いかにして、翌日の決勝に繋げる試合とするか、が両国にとって大きなテーマだった。

 まず、この試合を迎えるにあたって日程面に違いがあった。侍ジャパンは13日のメキシコ戦を終え、2日間試合がなかった。一方の韓国は12日のチャイニーズ・タイペイ戦の後、2日間の空きがあり、15日にメキシコ戦を戦っていた。17日の決勝まで3連戦となるところだった。

 侍ジャパンはスタメンはほぼベストメンバー。首の違和感でメキシコ戦を欠場した菊池涼介内野手も復帰した。稲葉篤紀監督は「2日間空きましたので試合勘、試合の入りというのを大事にした。早い段階で交代して、打席がこれまで少なかった選手を打席に立たせて。明日は総力戦になるので、そういところも含めて1試合やりました」と語った。試合勘を取り戻させつつ、状態の上がってこなかった打者の復調のキッカケとなることを狙った。

 一方で、韓国はスタメン5人を入れ替えてきた。キム・ギョンムン監督も「今日の試合は、ずっと試合に出ていた選手には休息が必要だと思った」と主力を“温存”させたことを試合後に明かしている。まずは選手たちの疲労を取り除くことを優先。試合途中で選手を入れ替えつつ、主力を休ませた。

 試合は侍ジャパンが14安打で10点を奪い、競り勝った。試合こそ乱打戦になったが、日本は終盤になっても犠打や四球を絡めて1点を奪いに行く本来の野球を徹底。稲葉監督も「今日は雑にいかないようにいこうと。これまで通りの野球をやっていこうと思っていました。明日に向けてというところでは(やりたいことは)やれたと思います」と頷いた。

1/2ページ

最終更新:11/17(日) 16:36
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事