ここから本文です

【プレミア12】詳細はトップシークレットも… 決勝戦を前に侍J會澤&甲斐が得た収穫

11/17(日) 11:45配信

Full-Count

16日の韓国戦では、會澤、甲斐、小林の3捕手全員が出場

■日本 10-8 韓国(プレミア12・16日・東京ドーム)

 野球日本代表「侍ジャパン」は17日、「第2回 WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送)で韓国との決勝戦に臨む。16日にはスーパーラウンド最終戦となる韓国戦に、日本は10-8で勝利。先発の岸孝之投手(楽天)とコンビを組んだ會澤翼捕手(広島)、その後を継いだ甲斐拓也捕手(ソフトバンク)はそれぞれ韓国打線に何を感じたのだろうか。

【動画】鈴木→外崎→甲斐と完璧な中継プレー! 侍ジャパンが失点を阻止した“美技”の一部始終を公開したWBSC公式ツイッターの実際の投稿

 既に決勝進出が決まっていた両チームにとって前哨戦の意味合いを持った16日の試合。勝利を目指す中でもデータ収集や“予行演習”の要素が大きく占めていたに違いない。會澤は韓国打線について「いいバッターが揃っているなという印象でした」と語る。

 試合前には「岸さんとは連打を食らわないように、1人1人抑えていく、というところを話した」といい、「岸さんからは『俺のことは気にせず配球してくれ』と言ってもらっていました」と、岸から決勝戦に向けての配慮をされたという。

 岸は4回69球を投げ、7安打7奪三振6失点。最初の2イニングを3人ずつで退けたが、3回先頭のファン・ジェギュンにソロ本塁打を浴び、4回には連打を食らって5失点。対策法や弱点はもちろん「まだ(言えない)」(會澤)としたが、得たものはあったようだ。

 甲斐は2番手の大野雄大投手(中日)、3番手の山岡泰輔投手(オリックス)、4番手の嘉弥真新也投手(ソフトバンク)とバッテリーを組んだ。「データもあるので」と試合前までの韓国打線を頭にインプットして臨んだようだ。大野は制球が乱れて3者連続四球を与えることになったが、その後はチェ・ジョンを外角へのツーシームで空振り三振に仕留めるなどして無失点にしのいだ。

 6回の山岡も縦のスライダーなど変化球を巧みに使い、3つのアウトを全て空振り三振で奪った。7回に2点を奪われたが、データとの違いはあったかと問われると「あります」とだけ話すにとどめた。

 もちろん実際に対戦して得た「収穫」の内容は明かすわけにはいかない。しかし手応えを感じたことについては「はい、そうですね」と明るく返答し、決勝戦への準備が整っていることを感じさせた。

 決勝の先発は山口俊投手(巨人)となるため、先発マスクは同僚の小林誠司捕手(巨人)の起用が見込まれるが、“総力戦”となる決勝戦だけに出場の可能性は十分にある。16日に得た収穫が、決勝戦でどのように披露されるか注目される。

臼井杏奈 / Anna Usui

最終更新:11/17(日) 16:34
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事