ここから本文です

【プレミア12】侍ジャパンが反撃開始! 4番鈴木が8試合連続安打となる適時二塁打で1点を返す

11/17(日) 19:31配信

Full-Count

先発の山口は初回でKO、2回からは高橋礼が登板

■日本 – 韓国(プレミア12・17日・東京ドーム)

 野球日本代表「侍ジャパン」は17日、東京ドームで「第2回WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送、ゲスト解説:上原浩治、秋山翔吾)決勝の韓国戦に臨んだ。初回に先発の山口俊投手(巨人)が初回に2ラン、ソロと2本の本塁打を浴びて3点を先制されたが、その裏、鈴木誠也外野手(広島)が反撃の適時二塁打を放って1点を返した。

【動画】また4番の仕事! 左翼フェンス直撃の一打で日本が1点返す、WBSCが公式ツイッターで動画を公開した鈴木誠也の適時二塁打の一部始終

 山口が2本の本塁打を浴びる、まさかの立ち上がりとなった初回。侍ジャパン打線も、韓国先発のヤン・ヒョンジョンを打って反撃を開始した。1死から坂本勇人内野手(巨人)が四球を選んで出塁すると、2死一塁で鈴木8試合連続安打となる左翼フェンス直撃の二塁打。坂本が一塁から一気に本塁へ生還し、1点を返して2点差とした。

 侍ジャパンは先発の山口を初回で諦め、2回からは高橋礼投手(ソフトバンク)がマウンドに上がった。

福谷佑介 / Yusuke Fukutani

最終更新:11/17(日) 19:33
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事