ここから本文です

【プレミア12】侍ジャパン、先発の山口が1回3失点でKO…2被弾に呆然、高橋礼が2回から緊急登板

11/17(日) 19:29配信

Full-Count

2番のキム・ハソンに2ランを浴びると、5番のキム・ヒョンスにもソロ

■日本 – 韓国(プレミア12・17日・東京ドーム)

 野球日本代表「侍ジャパン」は17日、東京ドームで「第2回WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送、ゲスト解説:上原浩治、秋山翔吾)決勝の韓国戦に臨んだ。先発の山口俊投手(巨人)は初回に2ラン、ソロと2本の本塁打を浴びて3点のリードを許してKO。2回から2番手で高橋礼投手(ソフトバンク)がマウンドに上がった。

【動画】「最高の中継プレー」も韓国の走者は「完全にボーンヘッド」!? 鈴木→外崎→甲斐と完璧につないで三塁走者を出した中継プレーの一部始終

 山口は初回、先頭のイ・ジョンフに3連続ボール。その後フルカウントまで立て直したものの四球を与えて出塁を許すと続くキム・ハソンに対し、1ボール2ストライクからの4球目、フォークを捉えられて左翼スタンドへの2ランとされた。

 さらに2死から5番のキム・ヒョンスに右中間スタンドに運ばれるソロを被弾。初回の痛すぎる3失点にがっくり肩をうなだれた山口は、ベンチで稲葉篤紀監督に肩を叩かれた。

臼井杏奈 / Anna Usui

最終更新:11/17(日) 19:36
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事