ここから本文です

【プレミア12】侍ジャパン、決死の継投策へ! 4回から3番手で田口が登板、高橋礼は2回無失点

11/17(日) 20:18配信

Full-Count

先発の山口は初回に2本の本塁打を浴びて3失点でノックアウト

■日本 – 韓国(プレミア12・17日・東京ドーム)

 野球日本代表「侍ジャパン」は17日、東京ドームで「第2回 WBSC プレミア12」(テレビ朝日系列で放送、ゲスト解説:上原浩治、秋山翔吾)決勝の韓国戦に臨んだ。2回に山田哲人内野手(ヤクルト)が逆転の3ランを放ってリードを奪うと、4回からは3番手で田口麗斗投手(巨人)がマウンドに上がった。

【動画】まさに打った瞬間! ひと振りで試合をひっくり返す豪快弾に東京ドーム熱狂! WBSCが映像を公開、山田哲人の逆転3ランの一部始終

 初回に山口が2本の本塁打を浴びて3点を先制された侍ジャパン。だが、その裏に鈴木誠也外野手(広島)の適時二塁打で1点を返すと、2回には山田哲人内野手(ヤクルト)が左翼スタンドへ逆転の3ランを放ち、試合をひっくり返した。

 山口は1回3失点で降板し、2回からは2番手で高橋礼投手(ソフトバンク)が登板。2イニングを無失点で封じると、4回は3番手で田口がマウンドに上がった。

福谷佑介 / Yusuke Fukutani

最終更新:11/17(日) 20:23
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事