ここから本文です

【ジャパンC】ワグネリアンがGI・2勝目を狙う/JRAレースの見どころ

11/18(月) 10:01配信

netkeiba.com

 昨年のダービー馬ワグネリアンに注目したい。東京開催を締めくくるこの大一番を制し、2つ目のGIタイトルを手にすることができるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■11/24(日) ジャパンC(3歳上・GI・東京芝2400m)

 ワグネリアン(牡4、栗東・友道康夫厩舎)は天皇賞・秋で5着。外枠もあって流れに乗り切れなかったが、終いまでじりじり差を詰めては来ていた。昨年日本ダービーを制したこの東京芝2400mの舞台で巻き返しを期待したい。鞍上は川田将雅騎手。

 レイデオロ(牡5、美浦・藤沢和雄厩舎)は一昨年の日本ダービーと昨年の天皇賞・秋を制しており、実績はここでも上位。今年はここまで精彩を欠いているが、得意コースで変わり身を見せることができるか。鞍上はW.ビュイック騎手。

 ユーキャンスマイル(牡4、栗東・友道康夫厩舎)は天皇賞・秋で最速の上がりを使い4着。これまで長距離でも実績があり、今回2000mから2400mに距離が伸びるのはプラスだろう。初のGI制覇に期待が掛かる。

 その他、一昨年の覇者シュヴァルグラン(牡7、栗東・友道康夫厩舎)、秋華賞2着のカレンブーケドール(牝3、美浦・国枝栄厩舎)、アルゼンチン共和国杯を制したムイトオブリガード(牡5、栗東・角田晃一厩舎)、昨年3着のスワーヴリチャード(牡5、栗東・庄野靖志厩舎)なども戴冠を狙う。発走は15時40分。

最終更新:11/18(月) 10:35
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事