ここから本文です

新庄中にオリジナルサッカーボール贈る 明治安田生命富山支社

11/18(月) 19:11配信

北日本新聞

 明治安田生命富山支社(宇田正孝支社長)は18日、富山市新庄中学校にカターレ富山のロゴが入ったオリジナルのサッカーボールを贈った。

 明治安田生命が地域の顧客の健康増進をサポートする「みんなの健活プロジェクト」の一環で、昨年から全国の約10県で実施。富山支社はカターレ富山と連携し、希望があった県内の小中高校計269校に1球ずつ贈る。ボールは赤、青、黒の配色で、各校で部活動や体育の授業などで活用される。

 宇田支社長が生徒会長の宮嵩志(こうし)さん(2年)にボールを手渡した。宮さんは「ボールは体育の授業で活用します」と感謝を述べた。式には、山田彰弘カターレ富山社長と牧田康博県学校生活協同組合専務理事も出席した。

 27日には奥田小学校でも贈呈式を行う。

最終更新:11/18(月) 19:11
北日本新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事