ここから本文です

大阪・淀屋橋に日本茶ドリンクスタンド みたらし団子のタピオカティー提供

11/18(月) 7:00配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 ドリンクスタンド「metcha matcha(メッチャマッチャ)淀屋橋」(大阪市中央区道修町3、TEL 06-6226-4411)が10月11日、オープンした。(船場経済新聞)

インパクト絶大、「焦がしきな粉の黒糖抹茶のみたらし団子添え」

 運営は「LIFEstyle(ライフスタイル)」(大阪市北区)。同社が展開する抹茶料理の専門店「OMATCHA SALON(オマッチャサロン) 淀屋橋」に設けられたテークアウトスタンドで、同店で提供しているタピオカティーを中心に販売する。

 日本茶は文久元(1861)年創業の京都・宇治の茶問屋「北川半兵衛商店」のものを使用。タピオカは台湾から取り寄せ、白玉粉や抹茶などを独自にブレンドするという。業態開発室長の後閑昇さんは「みたらし団子を添えた、抹茶とほうじ茶のメニューが人気ツートップ。串のみたらし団子をトッピングするのは当社オリジナルのアイデア」と胸を張る。「焦がし黒糖渋皮栗のタピオカチーズミルクフォーム」(680円)など、季節限定メニューも用意する。

 後閑さんは「近隣はビジネス街だが、女子高生くらいの若い女の子も来店してくれている。タピオカティーブームをきっかけに、日本でもお茶を気軽に飲む文化を根付かせたい」と意気込む。

 営業時間は月曜~土曜=11時~23時(日曜・祝日は21時まで)。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:11/18(月) 7:09
みんなの経済新聞ネットワーク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事