ここから本文です

本郷奏多、充実した一年を振り返る

11/18(月) 8:26配信

シネマトゥデイ

 俳優の本郷奏多が17日、都内で自身5作目となるカレンダー「本郷奏多カレンダー2020 -every morning with Kanata-」の発売記念イベントに登壇。今年、映画『キングダム』『Diner ダイナー』といった話題作への出演が続いた本郷が、充実した一年を振り返り、来年30歳を迎えることへの意気込みなどを語った。

【写真】実力派俳優の本郷奏多(イベント時の様子)

 「本郷奏多と365日一緒に朝を迎える」をコンセプトに、パジャマ姿や寝起きの無防備な表情など普段の活動ではなかなか見ることのできない、貴重なカットが詰まった本カレンダー。本郷はイベント前に取材に応じ、感想を問われると「普段、持ち合わせていないさわやかさをなるべく意識して撮影しました」と照れくさそうにコメントした。

 本カレンダーのお気に入りは、愛犬のラミとのカットだといい「ラミちゃんと一緒の写真は、ラミが逃げ出そうとしているのが可愛いです」と笑顔で紹介。「ラミを一緒に連れて写真を撮ることも増えたので、ラミも経験値が増えてお利口に言うことを聞いてくれる」と愛犬の成長に嬉しそうな表情を見せる。

 また、2019年はさまざまなヒット作品に出演。今年の総括を求められ、「今年もいろんな映画に出させていただいたんですが、『キングダム』に関してはいろんな人から『観たよ』と声をかけもらえました。『Diner ダイナー』も撮影がすごく楽しかったです」と充実した一年を笑顔で振り返る。

 さらに、15日に29歳の誕生日を迎えたばかりで「来年は20代最後」と笑う本郷。30歳は「いろんな役ができるようシフトしていきたい」と意気込む。プライベートについては「変わらずに毎日仲間たちと楽しい日々を過ごしているので、それが変わらず続いて欲しい」と語っていた。(取材・文:名鹿祥史)

「本郷奏多カレンダー2020 -every morning with Kanata-」は発売中 本体2,300円+税 撮影/森栄喜

最終更新:11/18(月) 8:26
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事