ここから本文です

SixTONES田中樹の新場面カット!『ブラック校則』キーパーソン役

11/18(月) 12:00配信

シネマトゥデイ

 佐藤勝利(Sexy Zone)と高橋海人(King & Prince)の共演が話題の映画『ブラック校則』(公開中)より、田中樹(SixTONES/ジャニーズJr.)の姿をとらえた新たな場面写真が公開された。

ピンク髪も似合いすぎ!田中樹【写真】

 本作は、髪型、制服、行動に至るまで厳しい規則が定められている高校を舞台に、目立たない存在の小野田創楽(佐藤)と正反対に騒々しい月岡中弥(高橋)がブラック校則に立ち向かっていく姿を描く。

 田中ふんする松本ミチロウは、不良グループのボスであり、副生徒会長、さらには柔道部キャプテンをも務める、学校で一際目立つ存在。生徒でありながら圧倒的な権力を持ち、自分のポジションを失いたくないため、校則を使って他の生徒たちを締め付けるというキャラクターだ。

 田中は、ミチロウの役づくりについて「学校にいる嫌な奴のすべてを合わせたような役なので、それを意識して演じていた」と語る。まさに絵に描いたような悪いキャラクターっぷりに、創楽に悪態をつくシーンではカットがかかってOKが出た後に菅原伸太郎監督から小声で「本当に嫌な奴に見えますね」と言われたそう。「その時にミチロウを演じられてるんだっていう気持ちと、本当に嫌な奴に見えてるんだっていう絶妙な儚い気持ちになった」と明かすが、菅原監督は「ほめ言葉です!(笑)」と田中を称えている。

 また、劇中で田中は初めて柔道に挑戦した。ただの柔道部員でなくキャプテンという役柄のため、上手く見せる必要がある投げ技にも苦労したそうだが、撮影現場ではその手さばきに「さすが!」と驚きの声があがったという。

 ミチロウは本作の鍵を握る重要人物。敵か味方かわからないミステリアスな魅力を放つキャラクターを田中が好演している。

 『ブラック校則』は映画のほかに日本テレビ系でテレビドラマが放送中、オリジナルストーリーがHuluで配信中。(編集部・小山美咲)

最終更新:11/18(月) 12:00
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ