ここから本文です

政府のGSOMIA終了決定 55%「維持すべき」=韓国世論調査

11/18(月) 10:46配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】韓国の世論調査会社リアルメーターが18日に発表した調査結果によると、韓国政府が日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)終了を決定したことに関し、55.4%がこの決定を維持しなければならないと回答した。政府が決定を翻さなければ協定は23日午前0時に失効する。

 調査は15日に全国の成人(19歳以上)501人を対象に実施された。

 「終了決定を維持すべき」は、6日の調査時(48.3%)に比べ7.1ポイント拡大。一方、「終了決定を撤回して延長すべき」は33.2%で、前回調査より4.4ポイント低かった。

 リアルメーターによると、釜山・蔚山・慶尚南道以外の地域とすべての年齢層、進歩(革新)層と中道層、進歩系与党「共に民主党」支持層でそれぞれ、「終了決定の維持」が過半数を占めた。釜山・蔚山・慶尚南道では「維持」と「撤回」が拮抗(きっこう)し、保守層と保守系最大野党「自由韓国党」支持層では「撤回」が上回った。

最終更新:11/18(月) 11:56
聯合ニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事