ここから本文です

【DEEP&PANCRASE】前田吉朗が12年ぶりのパンクラス出場、スリーパーで1R勝利

11/18(月) 22:50配信

イーファイト

DEEP OSAKA実行委員会、PANCRASE OSAKA
『DEEP&PANCRASE大阪大会』
2019年11月17日(日)大阪国際交流センター 大ホール

【フォト】前田のチョークスリーパーがガッチリ極まる

▼第16試合 ダブルメインイベント PANCRASE公式戦 フライ級 5分3R
○前田 吉朗(パンクラス大阪稲垣組)
一本 1R 3分18秒 ※チョークスリーパー
●ペイヨングサック(Tarnthong Gym)

 2003年NBTフェザー級優勝、初代フェザー級KOP、第3代DEEPバンタム級王者と、輝かしい戦績を誇るサムライ・前田吉朗が、古巣のパンクラスに戻ってきた!
 なんと、パンクラスでの公式戦は12年ぶりとなる。パンクラス、PRIDE、DREAM、WEC、戦極と名だたる団体を渡り歩いた強者は、まさに格闘技界の現役レジェンドだ。2014年以降は修斗に闘いの場を移し、トップランカーとして活躍中。今年1月、修斗で清水清隆にKO負けを喫したが、6月の大阪大会では内藤頌貴にスプリット判定勝ちを収めた。
 対するペイヨングサックは、MMA1勝1敗。2015年、WARDOGで松浪孝芳に腕十字で一本勝ちを収めている。その後、ローカル団体で腕を磨き成長しているという。

 1R、プレッシャーをかける前田。入ってボディを狙う。さらに、前に出てパンチを打ち込む前田。ペイヨングサックもパンチを返し、さらにハイキック。距離を取り、ボディを狙う前田。前田もハイキック。しかし、ペイヨングサックのパンチがやや効いたか。
 しかし、前田がタックルからテイクダウン! 鉄槌を落とし、サイドに移行。ヒジ連打! 亀の状態から立とうとするペイヨングサックだが、前田はそのまま背中に乗り、殴る。ヒジを入れ、そのままチョークスリーパーへ。ガッチリ極まり、ペイヨングサックがタップ!

 勝利した前田は試合後のマイクで「12年と何ヶ月ぶりかですか。ただいまー! ありがとう! 12年ぶりに帰ってきて、稲垣組が全員勝ちました。皆さんの応援のおかげです。とにかく、稲垣組はムチャクチャして頑張ります! 次は金太郎が勝ちます!」と力強くアピールした。

最終更新:11/18(月) 22:50
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事