ここから本文です

人気なのに「地元から出ない」名古屋めしの名店 共通点は“売り上げ構造”

11/18(月) 8:00配信

ITmedia ビジネスオンライン

 名古屋めしビジネスの強さを探る短期集中連載、第1回(関連記事:かつてゲテモノ扱いされた「名古屋めし」 逆境を乗り越えた“強さ”とは)ではみそかつの「矢場とん」、手羽先の「世界の山ちゃん」、喫茶店の「コメダ珈琲店」を取り上げた。これら全国展開に積極的な名古屋めし企業がある一方で、地元密着を貫く企業もある。

【宮きしめんの創作メニュー「台湾まぜきしめん」】

職人の技術&場所の価値を守るひつまぶし「あつた蓬莱軒」

 うなぎのひつまぶしの「あつた蓬莱軒」は、数ある名古屋めし企業の中でもブランド力はトップクラス。明治創業の老舗料亭であり、庶民派グルメが多い名古屋めしの中では数少ないハレの日に使えるごちそうグルメという点でも希少価値は高い。熱田神宮のおひざもとに本店、神宮店の2店舗、松坂屋本店内に1店舗の合わせて3店舗体制で、休日ともなると各店ともに1日およそ1000人ものお客を集める。

 同店でも、2005年の愛知万博が観光客が増える大きなきっかけになったという。

 「個人の観光客が目に見えて増えたのは万博の頃から。さらに5、6年前からは外国人の方も増え、夜は2割ほどが外国人観光客の方だと思われます」と女将の鈴木詔子さん。もともと地元では有名店だったが、他の地方のお客の間でも知名度が高まったのは「名古屋めし」というキーワードの効果もあったという。「『名古屋めし』の中にひつまぶしも入っていますから、それでうちのことを知って来て下さる方が多いのでしょう」(鈴木さん)

 この人気を当て込んで東京などから出店の引き合いはかねてより少なくない。だが、名古屋以外には出店しないというのが同社の方針。理由は人材、料理のクオリティー、そして何よりロケーションのプライオリティの高さを自覚しているからだ。

 「うなぎ料理は焼くだけと思われがちですが、材料の見分け方から串打ち、焼きまで非常に難しい。職人を一人前に育てるのにも時間がかかるし、手を広げると目が行き届かなくなる。それと同時に、“熱田さん”(熱田神宮)のすぐそばで商売させていただいていることを感謝し、この価値を守っていくことが大事だと考えています」と鈴木さんは話す。

 同社は、かつては熱田神宮の境内に店舗を構えていたほど“熱田さん”ゆかりの店として地元では認知されている。伊勢神宮に次ぐ社格を誇る熱田神宮あってのあつた蓬莱軒。その認識は女将同様にお客にも浸透している。「東京からのお客さまも『名物はその土地で食べてこそ価値がある』『ここへわざわざ来るからいいんだ』とおっしゃってくれる方が多いんです」(鈴木さん)。その言葉が、同社のブランディングを端的に表していると言えるだろう。

1/3ページ

最終更新:11/18(月) 8:00
ITmedia ビジネスオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事