ここから本文です

「日本一遅い紅葉」楽しんで 熱海梅園でまつり、12月8日まで

11/18(月) 8:10配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 「日本一遅い紅葉の名所」とPRしている熱海市の熱海梅園で16日、恒例のイベント「もみじまつり」が始まった。12月8日まで。

 園内には初川沿いや韓国庭園周辺を中心に、イロハモミジなど約380本が植わる。来園者は赤や黄に色づき始めた木々を眺め、記念撮影をしてひとときを楽しんでいる。市観光協会によると天候にもよるが、見頃は11月下旬から12月上旬という。

 まつりの期間中、園内では足湯(午前10時~午後4時)、ライトアップ(午後4時半~9時)を実施している。毎週日曜日はジャズ演奏、土、日曜日と祝日は甘酒の無料サービスやまんじゅう販売もある。問い合わせは同協会<電0557(85)2222>へ。

静岡新聞社

最終更新:11/18(月) 9:34
@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事