ここから本文です

人気のパン求め行列 沼津市内5会場で「まるしぇ」

11/18(月) 8:12配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 沼津市中心街に県内外の人気パン店約40店舗が集結する「ぬまづパンまるしぇ」が17日、仲見世商店街など5会場で開かれた。6年目の今回は狩野川沿いにも初めて出店し、来場者は心地よい風に当たりながらパンをほおばった。

 国産小麦や米粉、自家製酵母を使用したこだわりの商品が並び、行列ができる店舗も。定番のサンドイッチやバゲットをはじめ、地元牧場の絞りたての牛乳を使った食パン、無農薬ブルーベリーを生地に練り込んだチーズロールなど、イベント限定で用意された商品が人気を集めた。

 「ハンドメードまるしぇ」も同時開催し、約40ブースでかわいらしいアクセサリーや雑貨を販売した。

 イベントは、県東部で子育て支援に取り組む一般社団法人「いちご」と、市中心街の若手経営者らでつくる「おまち彩生研究会」が実行委を組織して開催。地域の活性化や食育の推進を目的とし、地元の高校生や専門学校生もスタッフとして運営に携わった。

静岡新聞社

最終更新:11/18(月) 9:36
@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事