ここから本文です

Dropbox、プロジェクト管理ツール「Trello」と連携 アプリを切り替えずファイル追加

11/18(月) 13:14配信

ITmedia NEWS

 Dropbox Japanはこのほど、クラウドストレージサービス「Dropbox」が、豪Atlassianが提供するプロジェクト管理ツール「Trello」と連携したと発表した。Dropboxのデスクトップアプリとブラウザ版サービスから、アプリを切り替えずにTrelloにコンテンツを送ることが可能になった。利用には、DropboxとTrelloのアカウント連携が必要。有料・無料問わず、全てのDropboxプランに適用する。

【画像】Trelloカードにファイルを添付する際のプレビュー画面

 Trelloは、タスクの締め切りや担当者、必要なファイルなどを登録できる「カード」、プロジェクトごとにカードをまとめて管理できる「リスト」、リストをまとめて表示し、全体の状況を確認できる基盤の「ボード」で構成される。プロジェクトを細かなタスクに分割し、それぞれの責任者や進捗(しんちょく)状況を確認できるのが特徴だ。

 今回の連携によって、Dropboxの画面を表示したまま、Dropbox内のファイルをTrelloの既存・新規カードに追加できるようになった。また、Dropbox上から、Trelloのアクティビティーフィード(タイムライン)を確認し、チームメンバーによるコンテンツの利用状況を確認可能になった。

 DropboxからTrelloカードにファイルを添付する場合は、ファイルのプレビューを自動生成する。プレビューは175種類以上のファイル形式に対応しており、該当するソフトウェアを持っていなくても表示できる。

 例えば「Photoshop」をインストールしていない場合でも、PSD形式のファイルを選択すると、その内容をDropbox上にプレビュー表示する。プレビューしたファイルを「Office 365」「G Suite」などのオンラインツールで直接開くことも可能だ。

 米DropboxとAtlassianは2019年6月にパートナーシップを締結しており、今回の連携はその一環。Dropbox Japanは「Atlassianとのパートナーシップにより、他の計画も実現していく予定」としている。

ITmedia NEWS

最終更新:11/18(月) 13:14
ITmedia NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事