ここから本文です

杉村太蔵、沢尻容疑者の復帰論に反対しネット反響「厳しいけど正論」「更生できれば再起を」などの声

11/18(月) 8:19配信

スポーツ報知

 元衆院議員でタレントの杉村太蔵(40)が、合成麻薬MDMAを所持したとして警視庁が16日、麻薬取締法違反の疑いで女優の沢尻エリカ容疑者(33)の復帰論について異議を唱え、ネット上で大きな反響を呼んでいる。

【写真】大胆ビキニで笑顔が初々しい沢尻エリカ容疑者

 17日に放送されたTBS系「サンデー・ジャポン」で、沢尻容疑者についてMCの「爆笑問題」太田光(54)が「覚せい剤とマリファナとMDMAと、どのぐらいやめられる。中毒性とかでいうと沢尻さんの場合はMDMAだから、もしかしたらちゃんと更生してまた女優にという事も考えられるのかどうなのか、その辺がちょっと分からない」とコメント。

 演出家のテリー伊藤氏(69)も「芸能界でも唯一無二の存在。彼女はいずれ復帰しますよ」などと発言した。

 これらの“復帰論”について、杉村は「どう考えても、どう考えても甘いですって、芸能界。この時点で復帰っていう話はとてもじゃないけど許される話じゃないですって。本当に」「芸能界っていうのは面白いとか演技が出来るとか歌が上手いっていうよりも、正しいということが条件ですよ。社会人としてきちっと正しいことをやってるってことが、このステージに立つ最低条件じゃないといけないと思いますよ。影響力があまりに大きいんですよ」「スポンサーに提供されてる番組なんかは、一発アウトだってことをきちっと示さないとダメですって」など沢尻容疑者の復帰について反対の姿勢を示した。

 ネット上では「杉村太蔵さんの考えが広く芸能界に活かされたら良いなと思いながら見てました 世間に影響力のあるタレントという職業の人は薬物に手を出すとタレント活動が永久に出来ないぐらいのモラルを持って仕事に向き合って欲しいですよね」「太蔵は良いこと言ったと思います。更生して道を作ってあげることは大切なことだと思いますが捕まって翌日に復帰の話ってどうなの?って思う。安易に復帰できると思ってるから薬物が蔓延してるなんて言われる」「厳しいけど正論だなって思った」と同意する声や、「一発アウトはそのとおりなんだけど、きちんと更生できれば再起を図る機会はあってもいいのではないかな」などの声があがっている。

最終更新:11/18(月) 8:25
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事