ここから本文です

【ジャパンC馬体診断】ワグネリアン

11/18(月) 13:36配信

デイリースポーツ

 「ジャパンC・G1」(24日、東京)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の佐野裕樹(美浦)、竹原伸介(栗東)の両トラックマンが、出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

【写真集】G1馬体診断 ジャパンC出走馬の馬体をチェック

 【ワグネリアン 評価A】

 天皇賞・秋の馬体診断では『体高と体長のバランスから中距離向きで、東京芝2000メートルがベスト』と書いたが、2400メートルも十分に守備範囲。前走でも引き締まった体をしていたが、さらに研ぎ澄まされて、あばらがはっきりと見えるようになった。

 ディープインパクト産駒の中長距離馬は馬体を絞った時に結果を残すことが多く、400メートルの距離延長に照準を合わせてきたようだ。馬体の張りも前走時同様で、晩秋とは思えないほどの毛ヅヤの良さも目を引いている。デビュー以来最短の中3週のローテーションになるが、状態に問題はなさそう。(馬サブロー栗東・竹原伸介)

 〈1週前追い切り診断〉藤岡康(レースは川田)を背に栗東CWで6F82秒6-37秒9-12秒2(仕掛け)。道中はスムーズに折り合い、4コーナー出口で鞍上が体重移動するとスパッと手前を変えて加速。最後に軽く追われるとシャープな伸び脚を見せた。状態はさらに上向いている。

最終更新:11/18(月) 14:01
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事