ここから本文です

中京大中京がサヨナラ勝利も…エース高橋猛反省「今日は野手に勝たせてもらった」

11/18(月) 15:12配信

デイリースポーツ

 「明治神宮野球大会・高校の部準決勝、中京大中京10-9天理」(18日、神宮球場)

 中京大中京が最大4点差をひっくり返し、サヨナラ勝ちで決勝進出を決めた。

 エースが踏ん張った。先発した左腕・松島が2被弾を含む9安打6失点で降板し、六回から高橋宏斗投手(2年)がマウンドへ。前日の明徳義塾戦では、7回4安打無失点の完封勝利を収めていたが、勢いに乗る天理打線は手ごわかった。

 「調子は悪くなかったんですが…。完全に天理打線が自分の実力を上回っていた」と六回1死一塁で、初戦でも本塁打を放った瀬に2ランを浴びた。

 さらに、9-8で迎えた最終回。二者連続三振で追い込んだが、この日すでに2本塁打を放っていた河西に、決め球のツーシームを右翼へ運ばれた。

 チームはその裏に、2番・中島のサヨナラ打で勝利したが、高橋宏は「今日は野手陣に勝たせてもらったゲーム。勝負を急いでしまって、1球の失投を打たれた。自分の実力不足です」と猛反省。「ここまでの強力打線ははじめてだったので、収穫は大きかった。真っすぐを中心に、もっと変化球を磨いていきたいです」と課題を口にした。

 神宮大会での優勝をつかみ取るため、20日の決勝戦に気持ちを切り替える。

最終更新:11/18(月) 15:32
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事