ここから本文です

広島投手陣に明暗…紅白戦両先発は好投、継投陣はピリッとせず

11/18(月) 18:38配信

デイリースポーツ

 「広島秋季キャンプ、紅白戦」(18日、天福球場)

 広島の投手陣に明暗が分かれた。先発の高卒2年目コンビの山口と遠藤は2回無失点と好投。佐々岡新監督は「2人で競争してほしい。ライバルと意識させるように頭(先発)で投げさせている」と起用の意図を明かし、「いいものを見せてくれた」と評価した。

【写真】広島・羽月が足でアピール!四球から2盗

 しかし、中継ぎ陣はピリッとしなかった。期待の塹江、ケムナは先頭打者へ四球。来季セットアッパー構想がある岡田も中神に三塁打を浴びると、磯村の投手ゴロを本塁へ悪送球し、失点を許した。

 指揮官は「入りから(投球練習の)5球でしっかり投げられていなかった。それは言った」と準備不足を指摘した。V奪回へ勝ちパターンの強化を最重要課題に掲げるだけに、奮起が求められる。

最終更新:11/19(火) 10:55
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事