ここから本文です

eスポーツで白熱のカーレース!千葉地区大会をレポート

11/18(月) 12:40配信

ちばとぴ!ニュース

「先頭がサイドバイサイドだー」
「アウトから上がってきたぞー」

上位争いで実況がヒートアップし、鮮明に映し出される車をモニターで見ると、実車のレースを見ているような感覚。

でもこれは11月10日にトヨタハートフルプラザ千葉で開催されたeスポーツ大会「TOYOPET SAMURAI X CUP」千葉地区大会なのです。(ちばとぴ!編集部)

◆国体でも実施
プレイステーション4のカーレースゲーム「グランツーリスモSPORT」は、茨城国体の文化プログラムや、東京モーターショー2019でも競技を実施。入場者の注目を集めていました。それを使った大会が千葉で行われると聞き、早速行ってみました。

◆GRスープラだらけ

決勝の舞台はゲーム上の鈴鹿サーキット。レース使用車はすべてトヨタの「GRスープラ レーシングコンセプト」です。同じ車が何台も颯爽と駆け抜けていくシーンは壮観でした。テレビでもおなじみのアナウンサー、本田将一郎氏のキレッキレの実況もあり、会場には実車レースさながらの臨場感が漂っていました。

◆白熱のレース

一般の部の決勝戦は、予選を勝ち抜いた上位8人が進出。茨城国体の大会に出場した選手も参戦するハイレベルな戦いが展開されました。序盤から先頭集団のデットヒート。「2位と3位では天国と地獄だ」と、あおる実況。終盤まで手に汗握る展開が続き、抜きつ抜かれつの展開に実況は「全くわからない何というレースだ!!」。

最終周のゴール目前で接戦の末、富津市のcorgiさんが予選1位通過の貫禄を見せ首位に立ち、フィニッシュ。ゴールの瞬間、

それまで固唾をのんで、実況に聞き入っていた観客から拍手が沸き起こりました。

優勝したcorgiさんは「誰が勝ってもおかしくないレースだった。2位のshinesさんが仕掛けてくると思ったので意地でも最後並んでやろうと頑張った結果」と熱戦を振り返りました。本大会に向け、「次の大会は賞金がかかっているので、もっと練習して取り組みたい」と目をギラつかせました。

2位で同じく本大会進出を決めた市川市のshinesさんは「スープラの特徴的な挙動をつかめた」と満足げ。本大会に向け「corgiさんと自分で千葉代表として1、2位を取りたい」と真剣な面持ちで決意を語りました。

◆子供の部は安定のレース

子供の部の決勝戦は、流山市の高校2年、Viper Evolutionさんが、終始独走態勢を守り優勝。レースを終えたViper Evolutionさんは本戦に向け「強いライバルがたくさんいるが、そこでも負けないように1位を目指す」と意気込みました。

この大会の各部門の成績上位2人は、12月7日に横浜市の新横浜プリンスホテルで行われる本戦大会に進出します。千葉県勢の活躍に期待したいですね。

最終更新:11/18(月) 12:40
ちばとぴ!ニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事