ここから本文です

三度目の正直で歓喜のV!伊藤美誠が世界4位の中国選手を破って今季初優勝<卓球 オーストリアOP>

11/18(月) 1:51配信

テレビ東京スポーツ

ITTFワールドツアー・オーストリアオープン<11月12日~17日/リンツ> 大会最終日の11月17日、女子シングルス決勝で伊藤美誠(スターツ/世界ランク7位)が2019年アジアカップ覇者の朱雨玲(中国/同4位)をゲームカウント4-1で破り、今季初優勝を飾った。

【動画】可愛すぎる 女子日本代表ユニフォーム撮影「かすみみまみう」

スウェーデンオープン<10月1~6日/ストックホルム>、ドイツオープン<10月8~13日/ブレーメン>で2大会連続の準優勝だった伊藤は三度目の正直で見事に栄冠をつかみ取った。

国際大会の戦績では伊藤の1勝3敗だが、前回は4-0で破った元世界ランク1位との一戦。

第1ゲームから伊藤がストレートへのバックハンドやフォアスマッシュを次々と浴びせて11-5で先制し、第2ゲームも伊藤がバック対バックや巻き込みロングサーブなどから迫るが、伊藤の球にやや対応した朱がコースを突いて応戦し、激戦の末に16-18で取り返される。

第3ゲームも朱のブロック力に手を焼くが、それすら打ち抜く伊藤の強烈なバックハンドが何度もさく裂して11-7で奪い、第4ゲームも伊藤が多彩なサーブと正確なツッツキでゲームメイクし、最後もミドルへの巻き込みロングサーブで13-11ともぎ取る。

一気に決めたい第5ゲームは伊藤がバックで左右に振り回して得点し、正確にコースを突いて追いすがる朱を最後に振り切って12-10で奪って見事ワールドツアー今季初優勝を上位大会のプラチナで成し遂げた。

試合後のインタビューで伊藤は「(朱とは)1年ぶりだったんですけどすごくいい試合ができて。たくさんラリーが続いて、どう一本取るかすごく考えました。(現地では)たくさんの方があたたかく応援してくださってパワーになりました、ありがとうございます」と喜びを語った。

【ITTFワールドツアー・オーストリアオープン】
<女子シングルス決勝>
伊藤美誠 4ー1 朱雨玲(中国)
11-5/16-18/11-7/13-11/12-10

テレビ東京卓球NEWS

最終更新:11/18(月) 10:17
テレビ東京スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事