ここから本文です

通勤客など約3200人の足に影響 JR瀬戸大橋線で信号機の不具合、マリンライナーなど遅れや運休も 岡山

11/18(月) 12:08配信

KSB瀬戸内海放送

 18日朝、JR瀬戸大橋線で信号機の不具合があり一部の列車が運転を見合わせました。通勤時間帯とも重なりJR岡山駅は足止めされた通勤客などで混雑しました。

(利用客はー)
「もうちょっと詳しい説明が欲しいですね」
「10時半から開始なのでセミナーが。ぎりぎりにつくみたいですけど、ちょっと困るなって感じ」

 JR瀬戸大橋線は午前5時50分ごろから坂出・宇多津ー児島間で列車の運転を見合わせました。JR四国によりますと午前5時50分ごろ瀬戸大橋上の線路に設置された信号機が青に変わらなくなったということです。

 この影響でマリンライナー8本を含む、上下線合わせて14本の列車が運休または部分運休したほか最大1時間25分の遅れが出ました。

 原因は電気設備の不具合とみられ、午前8時30分ごろに運転を再開しましたが約3200人の足に影響が出たとみられています。

最終更新:11/18(月) 12:18
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事