ここから本文です

セネガル代表FWマネの“ある行動”が話題に...スターになっても忘れない謙虚な姿勢とは

11/18(月) 7:20配信

SPORT.es

リヴァプールのFWサディオ・マネがセネガル代表で見せた、ある行動が称賛され、話題となっている。

『偉大なるフットボーラー』 サディオ・マネ

同選手は、コンゴ代表との試合前に自ら、チームのペットボトルを運び、ホペイロを助けていたのだ。

マネは昨シーズン、リヴァプールでチャンピオンズリーグのタイトルを獲得し、アフリカ年間最優秀選手候補にも挙がっている。

そんな、サッカー界のビッグスターになっても、こういった細かいことに気を配ることができる選手なのである。

同FWは過去にもその謙虚な姿勢を見せている。
約1か月前、「僕は自分にフェラーリを買うためにお金を使うのではなく、自分の国を助けるために使いたい」といった発言に称賛の声が集まった。

実際、幼少時代には裸足でのプレーを強いられる厳しい時期も経験しているマネだが、現在はその発言通り、母国を最も支えている人物の一人である。

なお、マネがプレーしたセネガル代表は2-0でコンゴ代表を破っている。

最終更新:11/18(月) 7:20
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事