ここから本文です

伊藤美誠「決勝の舞台でやっと優勝できた」3度目の正直で歓喜のV!<卓球 オーストリアOP>

11/18(月) 8:29配信

テレビ東京スポーツ

ITTFワールドツアー・オーストリアオープン<11月12日~17日/リンツ> 大会最終日の11月17日、女子シングルス決勝で伊藤美誠(スターツ/世界ランク7位)が2019年アジアカップ覇者の朱雨玲(中国/同4位)をゲームカウント4-1で破り、今季初優勝を飾った。

【動画】可愛すぎる 女子日本代表ユニフォーム撮影「かすみみまみう」

スウェーデンオープン<10月1~6日/ストックホルム>、ドイツオープン<10月8~13日/ブレーメン>で2大会連続の準優勝だった伊藤は3度目の正直で見事に栄冠をつかみ取った。

伊藤美誠 試合後コメント

素直にうれしいのひと言です。今年はすごくいい状態でツアーをこなしてきて、成績も安定していたんですけど、3連続の決勝の舞台でやっと優勝できて。さらに自分の中で(プレーが)めちゃくちゃよかったわけではなくて、その状態で中国人選手にも勝てて優勝できたことが自信になりました。


ー どう攻略しようとした

2ゲーム目以降はレシーブであまりいい展開を作れなくて、どう対処しようかはすごく考えましたし、あとは自分の中で「何されても怖くない」っていうのがすごくあったので、まずはしっかりレシーブを入れて。相手のプレーは今回すごくよかったと思うので、決められたボールはしょうがないって割り切れたことがよかったと思います。


ー 対中国人選手は2年連続で10勝超えになったが

その分たくさん対戦できていて、(そのたびに)いい課題を毎回もらって帰っているので、中国人選手と対戦できることが毎回すごくうれしくて。もっと試合したいと思う機会が増えたので、自分の気持ちの入りがよくなっているかなと思いますね。


ー 試合中に笑顔もあったが

はい。でもリラックスした状態で試合ができたので。どんな場面でも競っていても、楽しんで出来たかなと思います。


ー T2ダイヤモンドとグランドファイナルの2大会。どう戦いたいか

いつもどおり自分の実力を出し切って、どの大会でもひとつひとつ勝つことが目標なので、楽しんで自分らしくがんばっていきたいと思います。

伊藤美誠 勝ち上がり

【ITTFワールドツアー・オーストリアオープン】
女子シングルス
<決勝>
伊藤美誠 4-1 朱雨玲(中国)
11-5/16-18/11-7/13-11/12-10

<準決勝>
伊藤美誠 4-0 銭天一(中国)
11-6/11-9/11-9/11-6

<準々決勝>
伊藤美誠 4-1 鄭怡静(台湾)
3-11/11-8/11-8/11-8/11-8

<2回戦>
伊藤美誠 4-1 佐藤瞳(日本)
11-13/11-5/11-4/12-10/11-1

<1回戦>
伊藤美誠 4-0 ヤン・シャオシン(モナコ)
11-9/14-12/12-10/11-5

テレビ東京卓球NEWS

最終更新:11/18(月) 10:17
テレビ東京スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事