ここから本文です

シイタケと間違え毒キノコ食べる ツキヨタケで家族3人が食中毒

11/18(月) 19:45配信

福井新聞ONLINE

 福井県は11月15日、福井県勝山市の10~70代の家族3人が毒キノコ「ツキヨタケ」を食べて食中毒を発症したと発表した。3人は嘔吐(おうと)や下痢の症状が出て一時入院したが、既に回復した。親族がシイタケと間違って採ったという。ツキヨタケによる食中毒は10月、県内で5年ぶりに発生しており、今年2件目、計6人となった。

 県医薬食品・衛生課によると、13日に親族が福井県大野市の山中で採ったキノコをもらい、その日の夕食のグラタンに入れ家族4人で食べた。約1時間半後に3人に症状が出て医療機関で受診。14日に医療機関から県に通報があった。3人は10代男性と40代、70代の女性。

 ツキヨタケはブナなどの枯れ木に重なり合って生え、傘は10~20センチほど。ヒラタケやムキタケ、シイタケと間違われやすく、食後30分~1時間ほどで嘔吐や下痢、腹痛など消化器系の中毒症状が現れる。

 同課は「食用キノコかどうかの判別は素人には難しい。食用と確実に判断できない場合は、絶対に採らない、食べない、人にあげないようにしてほしい」と注意を呼び掛けている。

福井新聞社

最終更新:11/19(火) 10:03
福井新聞ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事