ここから本文です

金谷拓実は「ネクスト松山」になれるか?

11/18(月) 16:31配信

みんなのゴルフダイジェスト

太平洋クラブ御殿場Cで行われた三井住友VISA太平洋マスターズでアマチュアの金谷拓実が優勝を飾った。しかも勝負を決めたのは御殿場名物18番パー5での劇的イーグル。派手なガッツポーズで喜びを爆発させた21歳は“ネクスト松山”になれるか?

最強アマがツアー優勝! 金谷拓実のドライバー連続写真

松山以来のアマチュアV

ツアー史上4人目のアマチュアV。8年前東北福祉大の先輩である松山英樹が達成して以来の快挙に「松山さんにプロの試合で勝てといわれていました。よい報告ができてうれしいです」と筋トレの成果でひと回り大きくなった金谷は白い歯を見せた。

アジア太平洋アマに勝ってマスターズ(19年)の出場権を掴み、本番ではローアマのタイトルこそ逃したが予選を突破。そして今回先輩が残した偉大な足跡を踏襲しVISAで優勝と、まるで松山が歩んだ道をなぞるように金谷は進化を続けている。

アマチュア時代から圧倒的なパワーゴルフが持ち味だった松山と比べると飛距離は本人も「世界では物足りない」と感じているのだとか。だが正確なショットはプロにも引けを取らない。

大会のテレビ解説を務めた加瀬秀樹プロは「金谷くんはもうアマチュアの域から外れている」という。近頃の学生は強い選手が多いが加瀬プロは金谷を「別格」と評する。

それが現れたのは最終日のスタートホール。

「1打リードの状況で同組のショーン・ノリスとY.E.ヤンは迷いなくドライバーで飛ばしウェッジでグリーンを狙う選択をしています。でも金谷くんはティショットに3番ウッドを持ち、あえて(第2打の)距離を残す作戦に出た。それが一番自分に合っていると考えたのでしょう。結果ウェッジで狙った2人はパー。自分のゴルフに徹した金谷くんがバーディ」(加瀬プロ)

「もう1つ印象的だったのが最終18番。(同スコアで優勝を争っていた)ノリスがドライバーで飛ばしたのに対し金谷くんはそこでも3番ウッド。自分のゲームプランやコースマネジメントをどんな状況でも迷わず貫く。そこが彼のすごいところです」

その選択が結果イーグルに繋がり勝利を手繰り寄せた。

ゴルフは迷うことの多いゲームだ。クラブ選択にしても誘惑に満ち溢れている。しかしそこで自らのスタイルを貫けるのは相当な自信がある証拠。アマチュアのレベルを超えたアマ・金谷拓実が“ネクスト松山”になる可能性…? 低くないといわざるを得ない。今後の活躍に嫌が上にも期待がかかる。

川野美佳

最終更新:11/18(月) 16:32
みんなのゴルフダイジェスト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ