ここから本文です

景観づくりフォーラム/富山

11/18(月) 21:45配信

チューリップテレビ

 富山の美しい景観づくりについて考えるフォーラムが富山市で開かれました。
 フォーラムでは景観づくりに積極的に取り組んでいる団体などにおくられる「うるおい環境とやま賞」の表彰式が行われ今年は5つの建物などが選ばれました。

 このうち、砺波市の若鶴大正蔵(わかつるたいしょうぐら)は97年前の1922年に造られた酒蔵を漆喰大壁(しっくいおおかべ)などの伝統的な特徴を残しつつ内装などの細部にわたって景観に配慮されている点が高く評価されました。
 このほか、景観に配慮した広告物に贈られる「景観広告とやま賞」には13の店舗や施設が選ばれています。
 また、岐阜県でクールな田舎をプロデュースする美ら地球(ちゅらぼし)の山田拓(やまだたく)CEOが観光振興に資する美しい景観の形成や保全について講演し、参加者は景観づくりへの理解を深めていました。

チューリップテレビ

最終更新:11/18(月) 21:45
チューリップテレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事