ここから本文です

白衣の悪魔「上手な医療のかかり方大使」に 「日本の医療現場の危機を、国民の多くが知らなければ」

11/18(月) 20:01配信

BuzzFeed Japan

厚生労働省は、「上手な医療のかかり方」を広めるために、デーモン閣下を大使に任命し、フリーアナウンサーの中村仁美さんを1日大使に任命しました。

11月18日、開かれた任命イベントで、デーモン閣下は「このまま行くと医師は疲弊してちゃんとした医療を受けられなくなるという現状を国民のみんなに知ってもらいたい」、中村さんは「親として病院にかかるべきか的確な判断ができる知識を得て、それが医療現場の改善にも役立つということが他の親御さんにも伝われば」と意気込みを語りました。

その後、「上手な医療のかかり方」について語り合うシンポジウムが開かれ、医療の現状に関するクイズを通して、「#7119(救急相談電話)」や「#8000(子ども医療電話相談)」などを使い、病気に関する知識を持つことで、医療のかかり方を変えていけることが伝えられました。
【BuzzFeed Japan Medical / 岩永直子】

加藤厚労相「負担を減らして、より質の高い、安全な医療の提供を」

まず、加藤勝信厚労相は、医師の過酷な勤務によって現在の医療が支えられていることに触れ、私たちの医療のかかり方にも改善の余地があるのではないかと問いかけました。

そして、

「例えば、大きな病院の方が検査もできるし専門の医師もいるからと考えがちです。しかしその結果、患者さんが大病院に集中し、長時間待たされ、診療は短時間で終わるといったことがあるのではないでしょうか?」

「これから冬場を迎えて風邪が流行するシーズンになります。ウイルス性の風邪には抗生物質は効果がないばかりでなく、不必要な投与が(薬が効かない)耐性菌発生の温床ともされています。『念のための抗生物質』を求めて医療機関を受診し、投薬を求めることがないでしょうか?」

「救急医療の搬送件数は毎年増加しています。一方で救急外来の受診が必ずしも必要でないケースも指摘されています。本当に救急診療が必要な重症患者の搬送に支障が出かねないのではないかという指摘もされています」

と、一人一人の医療のかかり方が自分たちにも、医療側にも負担をかけている可能性を伝えました。

その上で、

「受診の必要性や医療機関の選択など、上手に医療にかかることが実践できれば、患者や地域社会にとっても必要な時に適切な医療機関の受診が確保できる。患者さんから見ても混雑の緩和につながる。さらにその結果、現場の医療に携わる医師や医療スタッフの負担が緩和される。より質の高い、安全な医療の提供が期待できるという好循環が生まれるのではないでしょうか」

と、上手な医療のかかり方を広める狙いを説明しました。

1/3ページ

最終更新:11/18(月) 20:01
BuzzFeed Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事