ここから本文です

沢尻エリカ容疑者 新供述「私も危ないんじゃないかと...」

11/18(月) 18:09配信

FNN.jpプライムオンライン

FNN.jpプライムオンライン

合成麻薬MDMAを所持していた疑いで逮捕された女優の沢尻エリカ容疑者(33)が、「10年以上前から大麻やMDMA、LSD、コカインを使用していた」と話していることがわかった。

沢尻エリカ容疑者は16日、東京・目黒区の自宅で、合成麻薬MDMAおよそ0.09グラムを所持していた疑いが持たれている。

警視庁の調べに対し沢尻容疑者は、「薬物は10年以上前から大麻やMDMA、LSD、コカインを使用していました。有名人が薬物事件で逮捕されるたびに、わたしも危ないんじゃないかと注意していました」と話していることが新たにわかった。

また、今回所持していたMDMAは、「数週間前にイベント会場でもらいました」と話していて、「家族と仕事の関係者には大変な迷惑をかけました。大変申し訳なく思っています」と謝罪の言葉も述べているという。

FNN

最終更新:11/19(火) 13:39
FNN.jpプライムオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事