ここから本文です

「Fairy gone」主演声優・市ノ瀬加那は“画伯”? 独特のイラストが話題に

11/18(月) 15:34配信

AbemaTIMES

 アニメ「Fairy gone フェアリーゴーン」で主人公マーリヤ・ノエル役を演じる声優の市ノ瀬加那の画力が話題になっている。

 同アニメは「灰と幻想のグリムガル」シリーズなどで知られる人気ライトノベル作家の十文字青氏がシリーズ構成・脚本を担当。かつて妖精が兵器として扱われた世界で、少女マーリヤは、妖精に関連する事件を捜査・鎮圧する違法妖精取締機関「ドロテア」に入隊する。

 「Fairy gone フェアリーゴーン」公式Twitterアカウントでは、出演声優が描いたイラストをたびたび紹介している。最新話の見どころが紹介されているイラストだが、その中でも注目を集めているのが、主演声優・市ノ瀬加那のイラスト。いまいち何を描いているのか分からない独特の画風に、Twitter上では、親しみを込めて「画伯」と呼ぶ声が上がっている。

 なお、11月17日より順次放送中の第19話「悲しい声と黒い本」の告知にも市ノ瀬のイラストが使用されている。これを見た市ノ瀬は「うわあああ!いつの間にこの絵を保存していたんですか!公式さん!!笑 き、きっと19話を観てくれればわかるはず…!?」とツイート。驚きを示し、最新話の視聴を促した。

(C)2019 Five fairy scholars / フェアリーゴーン製作委員会

最終更新:11/18(月) 15:34
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ