ここから本文です

頚椎ヘルニアで負傷のコスタ 手術ならば長期離脱の可能性も

11/18(月) 21:13配信

SPORT.es

ディエゴ・コスタの負傷により、アトレティコ・マドリーとプレイヤー自身がこの点で決定を下すことになった。コスタは頸椎ヘルニアの怪我で3ヶ月以上の期間にわたってクラブを離脱することになった。ただし、この判断は、プレーヤーにとって最適であることに注意する必要がある。

頚椎椎間板ヘルニアを患ったジエゴ・コスタ 手術が必要であれば今季絶望か

アトレティコは最初、コスタの判断に任せていたが、成り行きに任せたくないため、脳神経外科の意見を聞き、最善の判断を下すことにした。

実際、アトレティコはすでに去年の12月にコスタの手術をしたブラジルの専門家と連絡を取っている。最終決定はまだ行われていないが、クラブからの意見の多くは専門家の介入を経ている。明らかに、手術は回復に要する期限を延長し、チームへの復帰を遅らせることを意味する。

コスタのパフォーマンスと結果は今シーズン最高とは言えず、2ゴールと3アシストだけであるが、コスタのピッチでのコミットメントは、チームに良い影響を与えている。最近のゲームでは、モラタとコレアのコンビが素晴らしいため、スタートからの出場はしていないが、途中出場で活躍している。シメオネにとって彼は繊細な負傷者となってしまった。

(文:SPORT)

SPORT

最終更新:11/18(月) 21:13
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事