ここから本文です

清木場俊介、2年半ぶりとなるホールツアー開幕&最新アルバムの配信スタート

11/18(月) 13:45配信

E-TALENTBANK

11月16日(土)宮城・仙台銀行ホール イズミティ21 大ホールにて“唄い屋”清木場俊介が全国ホールツアー「KIYOKIBA SHUNSUKEROCK&SOUL 2019-2020 “CHANGE”」をスタートさせた。

清木場は、前作『REBORN』以来、約2年半振りとなるオリジナルアルバム『CHANGE』を10月23日にリリースしたばかりで、この最新アルバムを引っさげてのツアーとなり、公演に合わせて配信・サブスクリプションも11月16日(土)より配信がスタートとなった。

清木場俊介オフィシャルInstagramでは、ツアー初日を終えた直後の本人からのメッセージ動画がアップされ、「緊張感がありましたけど楽しく唄えました!」と生の声が届けられた。SNS上でも初日に足を運んだファンからの投稿が相次いでおり、自主レーベル初となるオリジナルアルバムを引っさげてのホールツアーへの期待と手応えが窺える。

また、ライブ会場ではタオルやTシャツなどの定番アイテムに加えて、初となるデジタルライブフォトブックの販売や、バックステージ招待など様々な企画も行われている。

ホールツアー「KIYOKIBA SHUNSUKE ROCK&SOUL 2019-2020“CHANGE”」は来年1月13日(月・祝)福岡・福岡市民会館大ホールでの公演まで全7公演行われる。チケットは東京・大阪が既にソールドアウトしており、残りの公演も全てチケットが僅かとなっているので、まだチケットを持っていない方は早めに申し込みを。

株式会社イータレントバンク

最終更新:11/18(月) 13:56
E-TALENTBANK

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事