ここから本文です

レア車から最新モデルまでオーテック車が年に一度の里帰り!「AOG湘南里帰りミーティング2019」開催

11/18(月) 19:40配信

くるまのニュース

生誕の地「湘南」にオーテック車が里帰り

 秋の恒例行事ともいえる「AOG(AUTECH OWNERS GROUP)湘南里帰りミーティング」が、2019年11月16日に開催されました。

340台ものオーテック・NISMOがAOG湘南里帰りミーティング2019で大集合!(38枚)

 このミーティングは、日産車のカスタムカーや福祉車両、商用特装車などを手掛けるオーテックジャパンが2004年からおこなっているオーナーイベントで、同社の本拠地である湘南に全国のオーテック車が集結するというものです。

 2004年の初回は「オーテック オーナーズフェスティバル in 大磯」として開催されていましたが、全国各地に嫁いでいったオーテック車がふたたび故郷に戻ってくることから、「里帰りミーティング」と名付けられました。

 里帰りミーティングの参加資格は、オーテック車およびNISMOロードカーであることです。過去にオーテックが手掛けたレアな車両はもちろん、現在新車で購入できる最新モデルまで、幅広い車種が一堂に会することもこのイベントの特徴です。

 今回2019年のAOG湘南里帰りミーティングは、340台、575人が参加。遠方からの参加者も多く、北は山形から、南は福岡からと、各地に嫁いでいったクルマたちが里帰りしました。

 オーテックジャパンが新たなブランドとして2018年2月に立ち上げた「AUTECH」は、車両の各所に湘南の空と海をイメージしたブルーを取り入れていることも特徴です。イベント当日は秋晴れに恵まれ、会場となった大磯ロングビーチからは、まさにオーテックブルーの美しい湘南の海を拝むことができました。

 今回の里帰りミーティングのゲストとして、スーパーGT GT300 56号車リアライズ日産自動車大学校GT-Rに乗る平峰一貴選手と、2019AUTECHレースクイーンの河辺ほのかさんが登場し、イベントに華を添えました。

 スペシャルゲストのふたりが入場する際、イベント前日に発売されたばかりの新型「セレナAUTECH スポーツスペック」に乗って登場。さらに、神奈川県警の白バイとオーテック製の「R33型スカイラインの4ドアGT-R」にアテンドされるという大がかりな演出での入場となり、参加者は大いに盛り上がりました。

 この新型「セレナAUTECH」は会場内にも展示され、多くの来場者が入れ代わり立ち代わりチェックする姿が見られました。

 じつは2019年10月に開催された東京モーターショー2019で新型セレナAUTECHは初公開されていたのですが、そのときに展示されていたのは「e-POWERモデル」だったのです。今回の里帰りミーティングでは最上級グレードの「スポーツスペック」が初お披露目されたことからとくに注目度が高かったようです。

 2019年8月にマイナーチェンジを受けた「セレナ」がベースとなった新型セレナAUTECHは、ベース車に準じたアップデートのほかに内外装のデザインを一新。さらにスポーツスペックは遮音性まで追求したこだわりのモデルに仕上がっています。

 ほかにも、2019年6月に追加された「リーフAUTECH」や「エクストレイルAUTECH」、「ノートAUTECH」のAUTECHブランドの各モデルも展示され、来場者の目を引いていました。

1/2ページ

最終更新:11/18(月) 19:54
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事