ここから本文です

『GOT』の世界が広がる!北アイルランドのロケ地を一挙紹介

11/18(月) 17:00配信

Movie Walker

ヨーロッパ各地で大規模なロケが行われた『ゲーム・オブ・スローンズ(GOT)』。ドラマが人気になるにつれ、ロケ地を訪れる"聖地巡礼"ファンが急増し、その国の観光業が促進されるなど『GOT』は大きな影響を与えている。物語のメインの舞台のひとつ、ウィンターフェル城のロケ地として知られる北アイルランドでは他にどんなシーンが撮影されたのか、紹介していこう。

【写真を見る】鉄(くろがね)諸島のロケ地として使われたマーロー湾。ほかのロケ地もチェック!

■ ファンタジーの世界観を高める大自然

『GOT』の撮影地の中でも中心的存在なのが北アイルランド。中でも最もインパクトがあるのはキングズ・ロード(王の道)として使われたダーク・ヘッジスだろう。曲がりくねった大きなブナの木に覆われ、まるでCGで製作されたようにファンタジーなムードの道がリアルに存在しているのが感動的だ。

 

沿岸部では、バリントイ港とマーロー湾で鉄諸島のシーンが撮影され、カーンローはアリア・スタークがブレーヴォスで川から這い上がってくるシーンが撮影された。マッセンデン・テンプルではドラゴンストーンのビーチのシーンを撮影。クーシェンダン洞窟は紅の女メリサンドルが影を産み落としたシーンで使用されている。ララバンではストームズエンドのレンリーの野営地の撮影が行われ、キャッスルロックはドラゴンストーンのロケ地として使用ドラマでも重要な拠点ウィンターフェル城のロケ地となったのはウォード城。トリーモア森林公園ではスターク家がダイアウルフの子供を見つけたシーンなど︑北の森のシーンが撮影されている。

 

■ 日本からウェスタロスへ!ロケ地ツアーも開催

ダーク・ヘッジスのブナの木を使用してつくられた"Door of Throne"といった『GOT』に関連するスポットも多く2020年春にはセットや衣装など集められたスタジオ・ツアーもスタート。日本からも2020年6月に『GOT』ロケ地ツアーが実施されるなど、まだまだこの人気は収まりそうにない。

 

「DVD&動画配信でーた別冊 永久保存版 ゲーム・オブ・スローンズ 完全読本」ではこの他にもメインのロケ地となったクロアチアやスペインなどを紹介しているので、実際に現地を訪れた気分を少しでも味わってほしい。

 

またブルーレイとDVDに収録されているメイキングにも実際のロケ地の様子が映し出されるので、本編だけでなく特典も要チェックだ!

(Movie Walker・文/幕田千宏)

最終更新:11/18(月) 17:00
Movie Walker

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事