ここから本文です

【超特急 インタビュー】王道から破天荒、そして史上初の挑戦まで超特急の武器が詰め込まれたニューシングル

11/18(月) 10:02配信

OKMusic

超特急のニューシングルは話題のドラマ主題歌「Revival Love」。加えて、映画主題歌、初の全英詞曲など、彼らが持つ注目度と充実度の高さがうかがえる一枚に。その振り幅の広すぎるラインナップは、まさに超特急だけが為せる業。唯一無二の存在を目指し、令和の超特急が革命を起こす。

超特急 インタビューのその他の写真

ネガティブとハッピーのギャップがドラマ同様に表現されている

──新曲「Revival Love」はフジテレビ系ドラマ『モトカレマニア』の主題歌ですが、最初に曲を聴いた時はどんな感想を持たれましたか?

リョウガ:ドラマって不特定多数の方々が観ることもあり、単純に曲としてキャッチーだなと思いましたね。“モトカレマニア”っていうワードだけ聞くと、失った恋をいつまでも引きずっているような、ちょっとネガティブなイメージがあるじゃないですか。でも、ストーリーは実は明るいっていう。そのギャップを歌でも表現できているんです。《運命!まじかよ!》っていう歌い出しのフレーズから頭に飛び込んでくるし、サビも1回聴いたらずっと頭の中をグルグルしそうだし。

タカシ:ほんとサビが明るくてハッピーですからね。でも、AメロやBメロにはちょっとトリッキーなところもあったり、曲自体がバンドアレンジなので2番になるとバンドテイストだからこその遊びも入ってきたりするんです。そういったところでリズムが大事な曲ではあるけど、作詞作曲してくださったいきものがかりの水野良樹さんは“自分の感覚や個性を大事にしてほしい”と言ってくださって。その辺りを飲み込み噛み砕きながら、自分なりの「Revival Love」を作っていった感じです。

──水野さんが曲を提供されているわけですが、これまでに水野さんだったり、いきものがかりと超特急の間に何か関わりは…

ユーキ:ないです! でも、誰もが知っているグループですからね。曲だって自然と歌えちゃう。

タカシ:そもそもグループの方が楽曲提供してくださること自体、超特急としては初めてだったので、“曲を作ってくださるんですか!?”っていう喜びと驚きが大きかったです。だから、これを皮切りに今後いろいろとお付き合いができたら嬉しいですね。

カイ:コーラス録りの時、水野さんがすごく褒めてくださって。歌うたびに“あぁ、いいっすね”って言ってもらえたので恐縮でした。

──実際にドラマのエンディングでオンエア中ですが、毎回《運命!まじかよ!》と曲が流れ始めるタイミングが絶妙で。ストーリー展開とのリンクがすごいなと。

タクヤ:ぴったりですよね! ドラマのプロデューサーさんも“大事なところで曲が掛かる”とおっしゃっていたし、すごく嬉しいです。

タカシ:あの歌い出し、レコーディングでは3回くらいしか歌ってないんですよ。それこそインパクト重視なので。

──“Revival Love”は訳すと“復活する愛”となりますが、この曲の主人公の恋はどうなるんでしょうか?

タカシ:そこは聴いてくださる方に委ねたいですね。ドラマにリンクさせるなら、偶然の再会をして1度は諦めていたけど大好きだった想いに火が付く…そんなストーリーを明るくハッピーな気持ちで歌っているんですけど、この先に結ばれるのか否かの結末は、いろいろな選択肢があっていいと思うんですよ。僕自身の見解は、あくまでも現在進行形だととらえています。

ユーキ:ちなみにダンスはみんなで踊れるようなキャッチーな振りにしたかったので、CRE8BOYさんに振り付けをお願いしました。今までCRE8BOYさんが作ってきた作品を見てきて、この作品に合った振り付けを絶対にしてくださると想像できたんですよね。実際、ほんとにインパクトがあって、踊ってみたくなるようなワクワク感のある振り付けにしてくださいましたし、キュートだったり、ユーモアもあったりと、復活した恋心に揺れ動く心情も表現していただいたので、“表情が命!”のダンスになっています。

──この曲、ユーキさんがセンターなんですよね。シングルでセンターが設定されているのは3作前の「a kind of love」以来で。

ユーキ:そうなんですよ。でも、ドラマの主題歌ということでいろんな人に観てもらえる機会も多いと思うので、MVでもメンバーがそれぞれ目立つようになっています。

カイ:サビはユーキがセンターでも、場所によっていろんなメンバーがセンターに来るんです。

──とはいえ、ユーキさんがこの曲のセンターに選ばれたのには、それ相応の理由があると思うんですよ。

タクヤ:未練がましいところがあるからでしょうね。

カイ:そこ!?

ユーキ:曲の世界観も明るいですし、ああいうキュートといいますか、かわいい感じっていうのは、やっぱり私しかいないんだろうなぁって。

カイ:自己分析にキュートが入った(笑)。まぁ、“LOVE”ってハートを連想させるから赤のイメージだし。

タクヤ:MVでは随所にハートが出てくるんですよ、印象的なところで。

ユーキ:MVでは80年代をリバイバルしました!

カイ:“Revival Love”だけに(笑)。80’sな感じだよね。音もそんな感じだから合っているし、振りも覚えやすいので、MVを観てライヴで一緒に踊ってもらえればと。

タカシ:うん。やっぱりライヴで一番活きる曲だと思うんですよ。ライヴごとに色や表情を変えられそうな曲なので、自分も歌い甲斐がありそうな予感がしています。そして、ゆくゆくはカラオケとかで歌ってもらえるようになると嬉しいですね。みんなで集まって“BANG! BANG!”とかコーラスを入れながら歌ったら、絶対に楽しいだろうから。

1/2ページ

最終更新:11/18(月) 10:02
OKMusic

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事