ここから本文です

【プレミア12】周東、甲斐野が欠かせないピースに 元オリ監督森脇氏「大きな意味を持つ大会」

11/18(月) 14:29配信

Full-Count

元オリックス監督の森脇氏が韓国との決勝戦を振り返る

■日本 5-3 韓国(プレミア12・17日・東京ドーム)

 野球日本代表「侍ジャパン」は17日、東京ドームで行われた「第2回 WBSC プレミア12」決勝戦・韓国戦を5-3で逆転勝ちし2009年の第2回WBC以来、10年ぶりの世界一に輝いた。宿敵・韓国と2戦連続に渡り死闘を繰り広げた侍ジャパンをソフトバンク、巨人、中日でコーチ、そしてオリックスでは監督を務めた森脇浩司氏が振り返った。

【動画】まさに狂喜乱舞! “熱男”松田の発声でスタートした侍ジャパンのシャンパンファイト映像

 世界一のチームを決めるに相応し好ゲームだった。まずは両チームのスタッフ、選手、そして首脳陣に心から敬意を表したい。これまで何度も激戦を繰り広げた日韓戦はやはり最後まで手に汗握る試合になった。

 韓国にとってみれば初回に2本塁打で一気に3点を奪い主導権を奪う素晴らしい立ち上がり。一方、日本は先発の山口がリズムを掴む前に3点ビハインドの形となり苦しい展開になったがその裏の攻撃で流れを踏み留めた。

 日本の4番としてここまで素晴らしい打撃をみせてきた鈴木のタイムリーで全員が「まだまだこれから」と思ったに違いない。あの場面が無得点に終わるとしばらく沈黙が続く可能性もあっただけに大きな1本だった。韓国の先発ヤン・ヒョンジョンは角度ある直球が武器の左腕。彼が持つ一番のボールを打ち返したことが最後までヤン本来の姿にさせなかったところだろう。攻撃陣には大きな勇気を与え、ヤンには強烈なダメージを与えた。

 2番手で登板した高橋も前回の登板からきっちり修正できた。山口が1回で降板したがこの試合は総動員で勝ちきることは前提だっただろう。2回からの登板も準備は出来ていたが、持ち味を発揮し肝が据わった度胸満点の投球を見せてくれた。3回の近藤が一塁走者のタッチアップを刺したプレーも大きかった。丸の声でのアシスト、躊躇なく一瞬のロスもない正確な送球、菊池のしぶといタッチ、チームで取ったアウトだ。

 これが決勝の舞台で出来ることが日本の強さ、近藤の強みだ。余談になるが対戦相手としてベンチから内野を守る近藤の成長をいつも楽しみに注目していた。少し送球に不安を抱えていたが全てをさらけ出し身体を張っていつもひたむきに取り組んでいて、その姿勢は練習においても同じで心から応援したくなる選手の一人だった。ビッグゲームこそ日頃の習慣が出るもの。近藤の送球を見た時には強い感動を覚えた。

1/2ページ

最終更新:11/18(月) 14:29
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事