ここから本文です

小松大谷が団体3冠 北信越高校空手道新人大会

11/18(月) 0:58配信

北國新聞社

 第33回北信越高校空手道新人大会最終日(17日・金沢市のいしかわ総合スポーツセンター=北國新聞社後援)小松大谷は団体で男女4種目のうち、女子組手を除く3種目で優勝した。男子の組手と女子の形は4連覇、男子形は2連覇。個人も組手で男子の全3階級、女子2階級を制し、地元開催の全国選抜大会(来年3月、いしかわ総合SC)へ期待を高めた。

 団体の男子組手決勝は福井工大福井と対戦し、先鋒・安達惠哉、次鋒・水田悠介主将が勝ち、中堅・中川聖也は敗れたものの、好調を買われ副将に起用された1年生の清水陸叶が勝って試合を決めた。

北國新聞社

最終更新:11/18(月) 0:58
北國新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事