ここから本文です

今夜の「シャーロック」放送直前、先週のおさらい! 獅子雄の流暢な中国語、そしてついに宿敵登場!

11/18(月) 20:00配信

ねとらぼ

 今夜の「シャーロック」放送直前のおさらい! 前回の評価と感想をお届けします。
のバディが令和の東京を舞台に数々の難事件に立ち向かいます。

【画像】貴重なディーン&岩田のオフショット!

●「シャーロック」第6話(11/11放送)のあらすじ

 誉獅子雄(ディーン・フジオカ)が珍しく眠っていると、いつものように江藤礼二(佐々木蔵之介)が捜査依頼に来ている。江藤が若宮潤一(岩田剛典)と見ているのはテレビやネットで話題持ちきりの前世殺人のニュース。17歳の女子高校生・高遠綾香(吉川愛)が自ら告白した殺人を捜査すると遺体が発見されたのだ。

 しかし、遺体は死後20年以上が経過している。綾香は自らが生まれる前の殺人について、前世で殺害したと証言したのだ。若宮と江藤が事件について意見を交わしていると、獅子雄が起きてくる。獅子雄は過去に発生した前世の記憶について語り、前世殺人だったら盛り上がると飛びついた。

 獅子雄は若宮、江藤とともに綾香の家に行く。娘を罰するつもりで来たのかと憤る母親の美樹(霧島れいか)に対して、父の一也(二階堂智)は冷静に対応。獅子雄は前世の記憶を持つと言われる人間が存在したことを綾香に話して心を開き、話す機会を得た。綾香の部屋に入って話を聞く獅子雄は、彼女が不眠症であることを見抜く。

  綾香は塾帰りに男から襲われそうになったPTSDから不眠症になり、大学病院でカウンセリングを受けていた。 綾香を治療していたのは、PTSDの権威、平田初雄教授(伊藤洋三郎)。しかし、平田はすでに退官していた。獅子雄たちは平田が勤めていた大学病院を訪ね、准教授の宇井宗司(和田正人)と会う。宇井は平田退官後、患者を引き継いでいた。(『シャーロック』公式サイトより)

●「シャーロック」第6話のネット上での評価

 ネット上での『シャーロック』第6話の評価は、「ポジティブ」が83%となりました。毎週繰り広げられる極上の推理を楽しんでいるツイートが多く見られます。

●第6話最大の盛り上がりポイントは冒頭の「中国語のディーン様」

 第6話、冒頭のシーンで、マルチリンガルのディーン・フジオカさんによる中国語が披露されました。端整な顔立ちに加えてこの語学力ですから、ハートを撃ち抜かれてしまう人が続出しました。

1/2ページ

最終更新:11/18(月) 20:00
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事