ここから本文です

トランプ氏、金委員長に「迅速な行動」促す-バイデン氏「狂犬」でない

11/18(月) 4:45配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): トランプ米大統領はツイッターで北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長に対し、バイデン前米副大統領は北朝鮮の国営メディア朝鮮中央通信(KCNA)で最近言及されたような「狂犬」ではないとした上で、米国との核合意署名に向け「行動を急ぐよう」促した。

これより数時間前、北朝鮮は米国が「敵視政策」をやめない限り、非核化交渉には一切応じないと表明。同国外務省報道官の談話をKCNAが伝えていた。

KCNAは先週、バイデン氏を「狂犬」にたとえて非難していた。

トランプ氏は17日、金委員長に対し「ジョー・バイデンは眠そうにしていて、非常にのろい男かもしれないが、『狂犬』ではない」とツイート。「近いうちに会おう!」と締めくくった。両首脳が会談する計画は現時点で発表されていない。両者は2018年6月以降に3回会談している。

原題:Trump Tells North Korea’s Kim That Biden Isn’t a ‘Rabid Dog’(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Ros Krasny

最終更新:11/18(月) 4:45
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事