ここから本文です

データ統合自動化の「trocco」が「Google広告」他主要広告サービスやkintoneに対応

11/19(火) 8:00配信

MarkeZine

データ統合自動化の「trocco」が「Google広告」他主要広告サービスやkintoneに対応

画像

 primeNumber(プライムナンバー)が提供するデータ統合自動化サービス「trocco」(トロッコ)は、「Google広告」、「Facebook広告」、「Yahooスポンサードサーチ」、「Twitter広告」といった主要広告サービスのほか、サイボウズが提供する顧客案件管理クラウドサービス「kintone」への連携に対応した。

 「trocco」は、売上データなど企業が持つ様々な種類のデータを、事前処理(データの変換・統合)を行った上で、企業のデータ基盤に自動統合するクラウドサービス。

 これまでは主に、MySQLやAmazon S3などの代表的なデータベース、およびストレージに蓄積された企業データの統合に対応してきたが、この度、新たに広告・マーケティング系、業務改善系の主要サービスを加え、統合の対象となるデータの種類を大きく拡充した。これにより企業は、既存の各種保有データに外部サービスの広告、顧客データ等を簡単に統合できるようになるという。

 広告サービスごとに管理できるインプレッション数、CTR、クリック数、CV数などの「成果指標」やデータは表示単位が異なる場合があり、統合に多くの手間が発生する。「trocco」では、これら一連の作業を自動化することができ、大幅な工数削減が見込めると同社はしている。

最終更新:11/19(火) 8:00
MarkeZine

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事