ここから本文です

ウィラーエクスプレス、東京・大手町に名古屋・大阪行の高速夜行バス新規乗り入れへ

11/19(火) 6:45配信

レスポンス

高速バス「ウィラーエクスプレス」は、ダイヤ改正に合わせ「東京大手町(グランキューブ)」「新木場駅前」に新規乗り入れ、「アクアシティお台場」「ナガシマリゾート」では乗り入れ路線の拡充を12月1日よりそれぞれ開始すると発表した。

[関連写真]

今回、大手町フィナンシャルシティ グランキューブより、関東~関西、関東~愛知の夜行便が新たに乗り入れを開始する。運行する車両はウィラーエクスプレスの最上級シート「ReBorn」を搭載し、高級感のあるシェル型シートには、テーブルやWi-Fi、WILLER THEATER(映画見放題)を完備。ビジネスパーソンをターゲットに、新たな移動手段として展開する。料金(大人・片道)は関東⇔関西が1万1100円より、関東⇔愛知が9000円より。

新木場駅前には、新たに5路線が乗り入れを開始。新木場駅は鉄道3路線が乗り入れており、都内中心地だけでなく、東京ディズニーリゾート隣接駅までのアクセスも良く、帰省や旅行など様々なシーンで活用できる。料金は関東~関西が5500円より、関東~愛知が3800円より、関東~宮城・福島および関東~新潟が各4000円より、長野~関東が2300円より。

また、アクアシティお台場やナガシマリゾートではそれぞれ乗り入れ便数や路線を拡充。利便性を向上させ、都市間移動をさらに促進する。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:11/19(火) 6:45
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事