ここから本文です

ヤフーを傘下に持つZHDとLINEが経営統合することで基本合意、12月めどに最終契約締結

11/19(火) 7:06配信

Web担当者Forum

ヤフーを傘下に持つ持ち株会社のZホールディングス(ZHD)と、LINEは、両社が経営統合することで基本合意した、と11月18日発表した。12月をめどに最終契約を結ぶ。2020年10月の統合完了を予定する。両社の経営資源を集約し、事業領域の強化や新規分野への投資を進め、インターネット市場で優勢な米国、中国企業に対抗する。










ZHD・ヤフーの月間平均利用者は6743万人、LINEの月間アクティブユーザー数は8200万人。統合でメディア、SNS、メッセンジャー、決済といったユーザーとの接点になる基盤サービスを相互補完し、日本で優位なポジションを確立する。マーケティング、集客、Fintech(金融技術)事業や新規事業・システム開発で相乗効果を狙う。

ZHDとLINEは、日本・アジアから世界をリードする企業を目指す、としている。ZHDとLINEの直近の連結売上高は計約1兆1600億円で、楽天の約1兆1000億円を抜く。ZHD親会社のソフトバンクと、LINE親会社の韓国NAVERが折半出資して新会社を設立してZHDの筆頭株主になり、その下に完全子会社のヤフーとLINEを置く枠組みとなる。

最終更新:11/19(火) 7:06
Web担当者Forum

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事